Fontsize

English

お問い合わせ

音楽祭・講習会

音楽会・音楽祭

霧島国際音楽祭

主催・企画・制作

霧島国際音楽祭

期間
毎年7月下旬~8月上旬 約14日間
(プレ・イベント含め21日間)
場所
鹿児島県霧島市 みやまコンセールほか鹿児島県内各地
音楽監督
堤剛
主催
鹿児島県、公益財団法人ジェスク音楽文化振興会、
公益財団法人鹿児島県文化振興財団
共催
霧島市

霧島高原にて2週間にわたって行われる講習会は、さまざまなクラスが開催され、受講生約150人(海外受講生約35名)が参加しています。また、オーケストラ・室内楽コンサート・リサイタルのほか、ワークショップやロビーコンサート、受講生コンサート、温泉地ならではの足湯コンサートなど、多彩なプログラムによる音楽の祭典を繰り広げます。

「霧島国際音楽祭」Website

~親密な空間で聴くプレミアムな一夜~ 庄司紗矢香、初の無伴奏リサイタル!
庄司紗矢香 無伴奏ヴァイオリン・リサイタル

Sayaka Shoji Solo Violin Recital

庄司紗矢香、初の無伴奏リサイタルツアーが実現!
バッハのシャコンヌを含むパルティータ第2番・幻想曲とフーガ、バルトーク、細川俊夫に委嘱した新作初演。
紀尾井ホールという親密な空間で今の庄司を聴くプレミアムなコンサート。

庄司紗矢香 無伴奏ヴァイオリン・リサイタル

2016年6月7日(火) 7:00p.m. 紀尾井ホール
7:00p.m. Tuesday, June 7, 2016, at Kioi Hall

J.S.バッハ
幻想曲とフーガ ト短調 BWV542 (J-F.ヌーブルジェ編)
B.バルトーク
無伴奏ヴァイオリン・ソナタ Sz.117
細川俊夫
新作(2016)《委嘱作品・世界初演》
J.S.バッハ
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ニ短調 BWV 1004

J.S.Bach
Fantasia and Fugue in G minor, BWV 542 (arr. J-F.Neuburger)
B. Bartók
Sonata for Solo Violin, Sz.117
Toshio Hosokawa
new work (2016) 《Commissioned Work, World Premiere》
J.S.Bach
Violin Partita No. 2 in D minor, BWV 1004

S\12,000 A\9,000
ジャパン・アーツ夢倶楽部会員料金 S\11,000 A\8,100

2016年1月17日(日)前売開始

詳細はチラシまたはジャパン・アーツHPをご覧ください。

主催
公益財団法人ジェスク音楽文化振興会
マネジメント
ジャパン・アーツ
協力
ユニバーサル・ミュージック

■全国公演スケジュール

2016会場名チケット問合せ
5月26日(木)美深町文化会館COM100(北海道)01656-2-1744
5月27日(金)川口リリア・音楽ホール(埼玉)048-254-9900
5月29日(日) 神奈川県立音楽堂(神奈川)0570-015-415
5月31日(火)北広島市芸術文化ホール(北海道)011-372-7667
6月1日(水)電気文化会館 ザ・コンサートホール(名古屋)052-204-1133
6月4日(土)JMSアステール プラザ(広島)082-244-8000
6月5日(日)松江市総合文化センター プラバホール(島根)0852-27-6000
6月7日(火)紀尾井ホール (東京)03-5774-3040

最新情報はコチラ(公益財団法人ジェスク音楽文化振興会 JESC Facebook)

庄司紗矢香(ヴァイオリン) ジャンルカ・カシオーリ(ピアノ)ヴァイオリン・デュオ・リサイタル

庄司紗矢香(ヴァイオリン)プロフィール

~絶大なスタミナと何事にもひるまない精神、
希有な音楽家~(グラモフォン)

1999年パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールで史上最年少および日本人として初めて優勝。1998年からヨーロッパを拠点に活動し、ヴラディーミル・アシュケナージ、シャルル・デュトワ、マリス・ ヤンソンス、ズービン・メータ、セミョーン・ビシュコフ、パーヴォ・ヤルヴィ、チョン・ミョンフン、アントニオ・パッパーノ、ヤニック・ネゼ=セガンと いった世界を代表する指揮者たちと共演を重ねている。近年は、BBCフィルハーモニック、ウィーン交響楽団、ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン、デンマーク放送交響楽団、NHK交響楽団などのコンサートに登場している。2013年12月には、庄司の長年に亘る指導者・理解者であるユーリ・テミルカーノフより、サンクトペテルブルクで行われた彼の70歳、及び75歳バースデー・ガラ・コンサートにロシア系以外の演奏家で唯一招待された。ソリストとして多忙な活躍をしている庄司は室内楽活動にも力を入れており、これまでにジョシュア・ベル、ワディム・レーピン、イタマール・ゴラン、スティーヴン・イッサーリス、ラン・ラン、マルティン・フレストらと共演。定期的にピアニストのジャンルカ・カシオーリとデュオを組み、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集の4枚目のCD、最後の一枚を2015年春に発売。また、彼女はメナヘム・プレスラーとも共演し、その記録はライヴ収録され2015年秋に発売された。使用楽器は、上野製薬株式会社より貸与された1729年製ストラディヴァリウス“レカミエ(Recamier)”。

名手の進化を如実に示す、待望の無伴奏

 すでに世界的名手たる庄司紗矢香は、近年も俊才カシオーリとの3度のツアーで繊細かつ透徹した表現を、当時90歳のプレスラーとのツアーで温かく伸びやかな表現を追求するなど、様々な協奏曲を含めて、共演ピアニストや指揮者に刺激を受けながら自己を深めてきた。そんな彼女がいよいよ初の無伴奏ツアーを行う。
 庄司は2010年にバッハ&レーガーの無伴奏曲を録音している。最高度の技巧、艶と芯のある音色を駆使した、刮目すべき快演だ。圧倒的な集中力で表出される音楽は、自然でいながら驚くほど深く、吸引力抜群の演奏は、今回への期待を高めずにはおかない。
 そしてまた2015年夏に取材した際、彼女は「最近、演奏に対する考え方に大きな変化があった」と語った。「2014年のプレスラーとの共演、笙の宮田まゆみとのジョン・ケージ作品の演奏をきっかけに、『分析したことをいかに自然体でできるか』を強く意識するようになった。若い頃は欲するものが多くて誇張し過ぎてしまう。今は『少しずつ削っていく』ことを分かり始めた」と言うのだ。この「削ぎ落とす」意識は、2015年のリサイタルや協奏曲に早くも表れていた。となれば無伴奏の今回、より顕在化するのは明らか。その意味でも注目の公演だ。
 新作を委嘱した細川俊夫は、前記のケージの公演の主宰者であり、庄司も「話をして真髄を知った」と言うから成果が楽しみ。バルトークのソナタは、ハンガリーまで行って名教師ラドシュに学び、「音楽言語等の違いを認識した」とのことなので、これまた期待値が高い。バッハの「幻想曲とフーガ」はオルガン音楽の最高傑作。ヴァイオリンでの演奏は、編曲ともども実に興味深い。そして無伴奏曲の至宝・パルティータ第2番は、先のCDでも自在の名奏を展開しており、緻密で雄弁な「シャコンヌ」は必聴のクライマックスとなる。
 現在の庄司の姿を明確に示す当公演。彼女自ら望んだほどよい空間で味わえる、この稀少な機会を逃してはならない。

柴田克彦 (音楽評論家)

仙台クラシックフェスティバル

企画・制作

仙台クラシックフェスティバル

期間
毎年10月初旬 3日間
場所
宮城県仙台市内
主催
仙台市、公益財団法人仙台市市民文化事業団、公益財団法人仙台フィルハーモニー管弦楽団、仙台市交通局、宮城テレビ放送、河北新報社、公益財団法人音楽の力による復興センター・東北

朝から晩まで45分1公演¥1,000(基本)~\2,000の低料金で気軽にクラシックの名曲を楽しむというコンセプト。仙台市内の会場で、3日間約100公演を実施。コンセプトに賛同した国内外40名のソリストが出演するほか、地元、仙台フィルハーモニー管弦楽団をはじめ、仙台国際音楽コンクール入賞者、仙台に縁のある音楽家の参加も特徴。楽都・仙台の音楽的財産が、このフェスティバルを支えます。

「仙台クラシックフェスティバル」Website

音楽祭・講習会

講習会

浜松国際ピアノアカデミー

企画・構成

浜松国際ピアノアカデミー

期間
毎年3月 約10日間
場所
静岡県浜松市 アクトシティ浜松
教授陣
中村紘子(音楽監督) ほか

1994年にコンサートピアニストの育成を目的としてスタートしました。 ピアニストである中村紘子氏を 音楽監督に迎え、著名な教授陣による公開レッスン、レクチャーコンサートシリーズ、そして受講生達が実際の国際コンクールの環境を実体験できるアカデミーコンクールを基本に、多角的なカリキュラムでアカデミーを展開しています。卒業生として上原彩子、河村尚子、アリス=沙良・オット、ラファウ・ブレハッチ、チョ・ソンジンほか多くの多彩な才能を輩出し、世界のコンクールや、プロとして第1線で活躍しています。

「浜松国際ピアノアカデミー」Website

かさま国際音楽アカデミー

企画・制作

クールシュヴェール国際音楽アカデミーinかさま

期間
毎年3月 約8日間
場所
茨城県笠間市 茨城県教育研修センター 
講師
辰巳明子音楽監督、Z.ブロン、ほか
主催
かさま国際音楽アカデミー実行委員会、笠間市

ヨーロッパ有数のアカデミー「クールシュヴェール夏季国際音楽アカデミー」(フランス)の日本版として、2005年に始まったヴァイオリンとピアノのための本格的な音楽講習会。充実したカリキュラムと講師陣、自然豊かで静かな環境を実現し、多くの成果を生んでいます。

「笠間市」Website

芸術家への道

企画協力

芸術家への道

期間
毎年8月 4日間
場所
鹿児島県霧島市 みやまコンセール
主催
鹿児島県

鹿児島県の要望により、音楽文化の将来を担う人材育成のために実施する事業。講習会とパネル・ディスカッションなどが実施され、霧島国際音楽祭の講師・アーティストが担当します。

「みやまコンセール」Website

音楽祭・講習会

これまでに関わった主な事業

国際音楽祭NIPPON ~ 芸術監督・諏訪内晶子 ~

主催・企画・制作

国際音楽祭NIPPON ~ 芸術監督・諏訪内晶子 ~

開催期間
2013年2月2日(土) ~ 16日(土) 10日間
開催地
横浜  横浜みなとみらいホール
(大ホール・小ホール・リハーサル室)
横浜美術館
仙台  電力ホール
主催
国際音楽祭NIPPON 実行委員会
公益財団法人ジェスク音楽文化振興会
共催
横浜みなとみらいホール 横浜美術館
特別協賛
株式会社豊田自動織機
トヨタ自動車株式会社
豊田通商株式会社
出演者
諏訪内 晶子 (ヴァイオリン)
エサ=ペッカ・サロネン (指揮)
フィルハーモニア管弦楽団 (オーケストラ)
レイフ・オヴェ・アンスネス (ピアノ)
ピーター・ウィスペルウェイ (チェロ)
江口 玲 (ピアノ)

みやざきザハール・ブロン音楽祭

企画協力

みやざきザハール・ブロン音楽祭

期間
毎年1月 約5日間
場所
宮崎県宮崎市 宮崎市民プラザ ほか
主催
(財)宮崎文化振興協会
みやざきザハール・ブロン音楽祭実行委員会
出演者
Z.ブロン(ヴァイオリン)、I.ヴィノグラードワ(ピアノ)、ほか

世界最高峰のヴァイオリン指導者として、ワディム・レーピンやマキシム・ヴェンゲーロフ、樫本大進、神尾真由子らを育てたザハール・ブロンが主宰する音楽祭です。ブロン氏による演奏会のほか、小中学生への普及企画、公開レッスンなど地域に根ざした企画を実施しています。

浜松国際ピアノコンクール優勝者ツアー

マネジメント

浜松国際ピアノコンクール

期間
3年毎 11月コンクール後に開催
場所
静岡県浜松市 アクトシティ浜松 ほか全国
主催
浜松市、浜松市教育委員会、(財)浜松市文化振興財団
過去入賞者
A.ガブリリュク、上原彩子、R.ブレハッチ、チョ・ソンジン

3年毎に行われる浜松国際ピアノコンクールの優勝者に、研鑽の成果を披露する場を提供し、彼らの育成として国内外コンサートツアーのマネジメント業務を行っています。このコンクールをきっかけに世界で活躍する優秀な若手ピアニストを多く輩出。若手ピアニストの登竜門として、広く世界に認められています。

EUユース・オーケストラ

企画・招聘制作

EUユース・オーケストラ

期間
2008年8月18日~24日
場所
神奈川県民ホール 
主催
神奈川県民ホール
(指定管理者:財団法人神奈川芸術文化財団)
出演者
ウラディーミル・アシュケナージ(指揮)、
EUユース・オーケストラ ほか

EUユース・オーケストラ設立30周年を記念して2008年に日本公演を行いました。 EU加盟国27ヵ国からの14~24歳の若者で構成されたオーケストラと同世代の日本の奏者、また東京音楽大学合唱団200名が共演。マーラーの「復活」のほか、R=コルサコフの歌劇「不死身のカシチェイ」の日本初演を演奏会形式で実施しました。メンバーによるアンサンブル・コンサートや、アシュケナージ氏による教育プログラムなどを開催し、充実の1週間となりました。

その他

  • 姫路・赤穂国際音楽祭Le Pont/ル・ポン(音楽監督:樫本大進)協力
  • ミュージック・ウィークス・イン・トーキョー(MWIT)(東京都歴史文化財団)制作
  • 軽井沢国際音楽祭 企画制作 文化庁舞台芸術フェスティバル「アジアのスーパー・ガラ・コンサート」制作
  • 彩の国さいたま芸術劇場「ピアニスト100」企画制作 ほか

このページの上へ戻る

公益財団法人 ジェスク音楽文化振興会 JAPAN-EXCHANGE-SEMINARS-CONCERTS

Copyright® JESC Foundation All rights reserved.